ビットコインキャッシュ高騰予兆!?BCHに再注目!

ビットコインキャッシュ高騰予兆!?BCHに再注目!

ビットコインキャッシュの様子が…

ビットコイン(BTC)の価格が一気に戻ってきている状況ですが、

ビットコインキャッシュ(BTH)がtwitter上で話題になっています。

それは、ビットコインキャッシュのハッシュパワーが

8月23日以来、ビットコインのハッシュパワー超えているとのこと!

マイナーがビットコインキャッシュへの移動が始まっていると見れられます。

現在はまたもどしていますが、twitterでもビットコインキャッシュ(BTH)に

注目している人が目立ちます。

 

 

ハッシュパワーとは

ハッシュパワーとも表現されていたりします。

簡単にいえば、PCの処理能力となります。

電気消費量ではなく、マイニングの計算能力になります。

一秒間に何回の計算が出来るかを表しています。

hash/sという単位が使用されています。データ容量などの単位で馴染み深いと思いますが、

K(キロ)M(メガ)G(ギガ)T(テラ)といった単位と組み合わせて使用され、

MHsなどと省略されて表記されることもあります。

スポンサーリンク

今回の話で言えば、

ハッシュパワーが高くなる

計算力が必要になっている

マイニング難易度が高くなっている

マイニングしている人が増えてきた

となります。

ビットコインのマイニングのほうが儲かるのに…

現在、ビットコインのマイニングのほうがマイナーは儲かります。

しかし、今回ビットコインキャッシュをマイニングする人が増えているのが見受けられたことで、

ビットキャッシュへの期待が高まっていいるということです。

これが、ビットコインキャッシュのほうが利益がでるとなれば一気にマイナーは移動するでしょう。

前にも書きましたが、11月のハードフォークや、

このビットコインハードフォークムードで、本家ビットコインの価格が下がっていくと

なればなおさらです。

ビットコインキャッシュも11月にハードフォーク!

11月13日にビットコインキャッシュがハードフォークし、

マイニングの仕組みを一部変更するそうです。

ハードフォークといっても分裂して新たにコインが誕生とは違い、

アップデートのようなものです。

ビットコインキャッシュは、ハッシュレート(マイニングの計算難易度)が低かったので、

マイナーがマイニングしやすく、マイナーのための仮想通貨だとされていました。

しかし、このハードフォークでマイニングの難易度が上がります。

これは、これからマイナーが一気に流れ込んでくることを予期しての

ハードフォークだとも考えられます。

公式発表で

「今回のハードフォークは本家ビットコインの分裂騒動とは何も関係ない」

と発表していますが、その騒動でのマイナー大移動への準備と捉えられます。

真のビットコインは…

11月の問題になっているビットコインハードフォークで誕生するSegwit2xにも

問題があるようで、意見も大きく別れています。

ビットコインSegwit2xが誕生後、

「マイナーが移動、掘ったほうをビットコイン(BTC)とする」と

発表した取引所もあります。

またビットコインSegwit2xの誕生自体、不支持という人たちも多くいます。

こういった中で、ビットコインキャッシュ(BCH)が注目される可能性も大きくあるということです。

大規模カンファレンスを2018年に開催予定

ビットコインキャッシュは本格的に2018年には動き出します。

Cryptocurrencyに焦点を当てたCalvinAyre.comの姉妹サイトであるCoinGeek.comは、最初のCoinGeek.com bComm Conferenceを開催する予定で、Bitcoin カンファレンスでは、公開されている1つのブロックチェーンで大規模なオンザ スケーリングが行われるようになりました。 2018年5月

CoinGeek bCommカンファレンスは、電子商取引(eComm)とBitcoin commerce(bComm)の結婚に焦点を当てた最初の国際的な集まりです。Bitcoinエコシステムと現在のオンライン市場との必然的な融合は、bCommが日常生活の不可欠な部分を形成する新しい現実を導くでしょう。

Bitcoinテクノロジの早期採用者であり、Bitcoin経済全体の主要な要因の1つとして、オンライン賭博セクターはBitcoinとブロックチェーンテクノロジで起こっている地震の変化を認識する必要があります。

Bitcoinは、世界中の多くの政府が、ウェブサイトのドメインをブロックするか、事業者をターゲットにしてオンラインギャンブルオペレータの市場へのアクセスを阻止しようとしているため、ギャンブルサイトが確実に顧客にサービスを提供できるようにする効果的なツールであることが証明されています。従来の決済処理チャネルへのアクセス。

CoinGeek bCommカンファレンスの主なテーマは、効果的なbCommを実現するために設計されたBitcoin Cash(BCC)が、意図したBitcoinの作成者である中本聡氏のようなBitcoinの真のフォームであることを確認することです。新しいBCCテクノロジのブロックサイズが大幅に拡大されたことにより、オペレータは顧客の取引をはるかに高速で取引手数料を大幅に削減できるようになりました。

CoinGeek bCommカンファレンスは、マカオで開催されたG2E(Global Gaming Expo)アジア会議の終了後、2018年5月18日に香港で開催され、G2Eアジアの出席者に最適な会議となります。

CoinGeek bCommカンファレンスは、Calvin Ayre Media Groupの設立者Calvin Ayreの57歳の誕生日とCalvinAyre.comの正式発売8周年の1週間前にも行われます。世界を変えることは退屈である必要はないので、Ayre氏はGeek Girlsを唯一のものとする会議の公式パーティーを主催する予定です。

カルヴァンのパーティーは本当に必見のイベントとして評判が高く、CoinGeek bashは少なくとも2019年のパーティーまで、世紀のパーティーを約束します。しかし、あなたはパーティーに入り込むために会議に出席しなければならないので、今あなたのカレンダーを閉鎖してください。

この会議の基調講演者は、ブロックチェーン技術研究開発会社nChainのチーフ・サイエンティストであり、Bitcoinとブロックチェーンの背後にある元々のパイオニアの一人であるDr. Craig Wrightです。イベントの主催者はBitcoin.comのRoger ‘Bitcoin Jesus Verです。司会者の役割はnChainの最高情報責任者、通信&法務官Jimmy Nguyenです。

Ayre氏はWright博士との友好関係をBitcoinとの関わり、破壊的な技術、BCCの大規模なオンザスケーリング機能と安全なパブリックブロックチェーンによって世界を変える力を信じて、低い取引手数料。

会議のスピーカーリストとイベントスケジュールに関する更なる更新は、今後数週間以内に開始される新しいCoinGeekConference.comウェブサイトで利用可能になります。

ソース:https://coingeek.com/conference2018/

現在のレート

ビットコインキャッシュ(BTC)は

現在4万円手前を推移しています。

10万まで爆発する前の価格と同じぐらいの位置にいます。

上記の期待なども考え、再スタートするにはまだ良い位置だと思います。

今後のビットコイン分裂騒動でかなり影響されてくるかと思いますが、

仕込んでおくのもありだと思います。

とりあえず覚えておくこと

ビットコイン騒動の中、

ビットコインキャッシュが再注目されている。

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。