バイナンスがBinanceChain発表でBNBが高騰!

バイナンスがBinanceChain発表でBNBが高騰!

世界的に有名な海外仮想通貨取引所の一つであるBinance(バイナンス)が、

BinanceChain(バイナンスチェーン)を発表しました!

この発表により独自仮想通貨であるBNBが高騰しています。

BinanceChain(バイナンスチェーン)とは一体なんなのか

将来性などを簡単にご紹介します。

これはバイナンスが再注目されると思います!

BinanceChain(バイナンスチェーン)

先日、バイナンスの顧客アカウントのAPIが

流出し勝手に売却されたり、ハッキングなどで不信感が高まっていた

バイナンスですがこのセキュリティ問題を解決するべく発表したが、

BinanceChain(バイナンスチェーン)という独自のブロックチェーンです。

公式サイトを簡単に要約します。

 

●Binance(バイナンス)は資産の取引および

移転を扱うパブリックブロックチェーンとして

BinanceChain(バイナンスチェーン)を採用を発表。

またBinanceChain(バイナンスチェーン)は

高パフォーマンスかつ簡単で流動性の高いブロックチェーンを目標とし、

将来的な安全な資産を提供していきます。

●今回高騰している独自通貨BNBは

BinanceChain(バイナンスチェーン)の固有コインに

アップグレードされます。

●Binance(バイナンス)は会社(COMPANY)から

コミュニティという新たな段階になりなっていくそうです。

●Binance(バイナンス)は「自分が最大の敵」という概念を持ち

今後も継続的にプラットフォームの向上と中央集権的な性格を

解消していく。

 

スポンサーリンク

BinanceChain(バイナンスチェーン)の将来性

BinanceChain(バイナンスチェーン)で結局どうなるのか?

現在一つの取引所であるBinance(バイナンス)ですが、

分散型取引所になります。

これにより破綻や盗難や

保守セキュリティ対策などリスク回避になり

いままでの取引所より遥かにセキュリティの高い取引所となります。

恐らくBinanceアプリにウォレット実装され、

通貨は各個人がデバイスで自己管理することになるかと思います。

今後は取引所のハッキングということより、

自己ウォレットの管理が一層重要になります。

ウィルスやセルフGOXにはしっかりと対策し、資産を管理する必要があります。

高騰中のBNBとは

BNBは、Binance(バイナンス)が発行しているトークンです。

この通貨はBinance(バイナンス)での機能が需要を生み出します。

この通貨を購入し、オルトコインの手数料に使うと、通常0.1%の取引手数料が

0.05%という低額に抑えられるからです。

Binance(バイナンス)の口座開設している人は

少額でも買っていると思います。

BinanceChain(バイナンスチェーン)でBNBが使用されることなので

より一層需要が高まっていくことだと思います。

チャート的にも今後の伸びがかなり期待できます!

取引所Binance(バイナンス)の将来性

ハッキングなどの騒動もありましたが

すばらしい対応のはやさもあり、さらにBinanceChain(バイナンスチェーン)の発表で

再注目され今後も利用者が増えていきそうです!

それとともに独自通貨のBNBが高騰していくことが予想されます。

一時期大人気だったBinance(バイナンス)もすこし存在もうすくなっていましたが

この発表により再注目されると思います。

今後のバイナンスにも注目です!

まだ開設していない方はBNB狙いで開設をおすすめします。

↓登録はこちらからどうぞ(公式サイト安全確認済み)

※偽サイトも存在しますのでご注意ください。

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。