NEM/XEMのmijinでのカタパルト実装予定発表!

NEM/XEMのmijinでのカタパルト実装予定発表!

プライベートが忙しく更新がおくれて申し訳ありません。

改めて更新を頑張ってきたいと思います。

さて本題ですが、

取引所コインチェックのNEM/XEM流出問題である意味

世界中に知られるようになったNEM/XEMですが、

ここでかなりの好材料が発表されました!


カタパルトの実装予定の発表です!

NEMを応援している人たちがかなり期待している

カタパルト(アップデート)ということもあり価格も20%ほど急上昇しました。

カタパルトとは

ビットコインや、イーサリアムなどがハードフォークを繰り返し成長していってますが、

XEMも激しい仮想通貨市場を乗り切るためにアップデートを行って成長しています。

その中で注目されている大型アップデートが

「カタパルト」という名称です!

 

カタパルトの凄さ

大型アップデートでどこが良くなるのか。

その内容が凄まじいので多くの人が期待しています。

その一番注目されているのが、処理能力の向上です!

このカタパルトの実装により、

毎秒4000件以上の処理能力を発揮できることが

実験により明らかになっています。

世界で当たり前になっているクレジットカードのVISAのシステムで

「平均4000~6000件/秒」の処理能力だそうです。

実験の段階で、当たり前に使われているサービス並の処理速度を

XEMは手に入れようとしているのです。

送金渋滞が問題になっているビットコインや有名コインと比べても圧倒的です。

・ビットコイン(BTC)  Segwitアップデート後で 14件/秒

・イーサリアム(ETH)  15件/秒

・リップル(XRP)  1500件/秒

となります。

処理速度が速いとされているリップルでさえも圧倒してしまう速さです。

他にも今回のコインチェックの流出騒動を踏まえての

セキュリティ対策も施されるそうなのでさらに

この大型アップデート「カタパルト」に期待ができますね!

 

スポンサーリンク

今回の発表

今回の発表はTwitterなので勘違いされている方も多くいますが、

今回の発表はNEMにカタパルトが実装されたというニュースではなく、

テックビューロ社のブロックチェーン製品「mijin」のv.2である、

「Catapult(カタパルト)」がついに5月リリース予定という発表があったのです。

mijinはNEMを利用したプライベートブロックチェーンで

NEM/XEMとは切っても切り離せない関係です。

そのmijinで5月にカタパルトが実装されるという発表なのです。

2018年3月26日 mijin v.2 Catapult ディベロッパー・プレビュー・サービスとSDKリリース
2018年4月 mijin v.2 Catapult コアエンジン 評価版リリース
2018年5月 mijin v.2 Catapult のリリース、オープンソースとエンタープライズ・ライセンスのデュアルライセンス提供開始

 

今年、今年以降にNEM自体にカタパルトが実装されるという期待感からも

まずmijinへの実装が大注目されるでしょう!

Twitterの反応

 

 

今後の予想

まだまだXEMの価格は振るわない印象です。

市場自体の雰囲気もいまだ良くないいんしょうですが、

徐々にではありますが悪材料も出尽くした感もあり徐々に

回復にむかっているのではと思われる状況でもあります。

XEMで言えば、

・バイナンスへの上場

・コインチェックからの返金

・カタパルト実装予定の発表

・流出XEMがダークウェブで完売

とかなりの材料がでてきています。

流出XEMが市場に出回ったことにより売り圧力は

徐々に減っていくと思います。

NEMベースの株取引ZEUS(ゼウス)も控えているので

4月〜6月にかけてはかなり期待しています。

市場全体のこともあるので予定が発表されたからといって

急に1月のようなことになることはないと思いますが、

かならず夜明けはくると思っています。まだまだこのような流れはつづくと

思いますがもう一度銘柄などしっかり見直しておきましょう。

 

国内取引所も開設されていない方は コチラを御覧ください↓
仮想通貨取引所ランキング

オススメの記事


【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!

注目の取引所独自トークンICO!日本人アドバイザーも参加!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。