仮想通貨Ontology/ONTの将来性や特徴

仮想通貨Ontology/ONTの将来性や特徴

先日、仮想通貨NEOの保有者にエアドロップで

配布された仮想通貨Ontology/ONTがバイナンスに上場し、

現在価格が上場しています。

仮想通貨Ontology/ONTの特徴や将来性について

ご紹介します。大人気仮想通貨NEOの開発者が関わっているので

大いに期待できる銘柄であると思います。

特徴と将来性を把握し、戦略の参考になればと思います。


 

仮想通貨Ontology/ONTとは

ONT(Ontology)は、仮想通貨NEOを運営するネオ協議会が実施する

「Onchain」によって開始された次世代の

マルチチェーン・パブリックチェーン・インフラストラクチャプラットフォームです。

仮想通貨Ontology/ONTは、一連の完全な分散元帳と

スマートコントラクトシステムを含む新しい高性能

パブリックブロックチェーンを提供します。

主な特徴は

・様々な情報を管理できるプラットフォーム

・ブロックチェーンによる管理で信頼出来る

・人々に紐づく情報を一元管理できる

仮想通貨Ontology/ONTは、分散ネットワークの知識がない企業に

ブロックチェーン技術を使用させるという意味で画期的です。

現時点では、ブロックチェーンの広範な知識なしに、

ブロックチェーンをインフラストラクチャに統合する方法はありません。

同様に、現在のネットワークにはさまざまな問題があります。

例えば、プライバシー保護の脆弱性などがあります。

仮想通貨Ontology/ONTは、信頼性の高いエコシステムによって、

これらの問題を解決出来るのです。

 

スポンサーリンク

仮想通貨Ontology/ONTの将来性

仮想通貨Ontology/ONTの将来性を考えるのに欠かせないのが

仮想通貨NEOとの関係性です。

仮想通貨Ontology/ONTは、先程記載したとおり

仮想通貨NEOの保持者にエアドロップされました。

NEOといえば中国版のイーサリアムと呼ばれており

機能の高さや取引スピードの速さで世界でも注目を

集めている人気の仮想通貨です。

1NEOに対し0.2ONT配布され、保有量の半分のONTはすぐに

受け取ることが出来ました。

昨年11月に、Onchain(ブロックチェーンシステムの開発に専念する会社)が、

画期的なプラットフォームであるオントロジーの立ち上げの発表をニューヨークで

行ないました。

Onchainの最高経営責任者(CEO)とNEOの共同設立者Da Hongfei氏は、

「オントロジーの立ち上げにより、私たちのプロジェクトは世界の舞台に導かれました。

オントロジーとNEOは、実際の経済に役立つために、

ブロックチェーンやその他の新技術を使用して、

幅広いエコシステムを構築します。」と発表しました。

NEOの開発者陣がサポートしているということもあって

期待の新プロジェクトとして

ONTもすでに非常に注目を集めています。

すでにバイナンスに上場しているため、

投資家が参入しやすい状態にあり、

なにかニュースがあればすぐに価格も反応しやすい状態であると言えます。

NEOの動きもかなり影響してくると思います。

今後プラットフォームとしての普及がどこまで進むのか注目されますが、

まだまだ参入している投資家も少なめな印象なので狙い目です!

NEOブランドをしっかり活かしてNEOとともに

一気に加速していく可能性を秘めていると思います。

公式Twitter↓

仮想通貨Ontology/ONTの取引所

仮想通貨Ontology/ONTは海外取引所バイナンスで取引されています。

なにかと動きのあるバイナンスですが、

問題に対してしっかり対象していくバイナンスはかなりの好印象です。

まだ開設していない方はBNB狙いでも開設をおすすめします。

↓登録はこちらからどうぞ(公式サイト安全確認済み)

※偽サイトも存在しますのでご注意ください。

 

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。