仮想通貨取引所coinbase/コインベースがついに日本上陸

仮想通貨取引所coinbase/コインベースがついに日本上陸

アメリカの最大手仮想通貨取引所のcoinbase(コインベース)

日本でのサービス開始に向けて動いていることが

日経新聞の報道で明らかになりました。

改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業の登録を年内にも

金融庁に申請する方針であると報じられています。

 

 

アメリカ最大の取引所の上陸

アメリカで最も大きな仮想通貨取引所であるcoinbaseは、

出資を受けている三菱UFJフィナンシャル・グループと連携して日本市場に進出ようです。

企業価値が10億ドル(約1100億円)を超える

大規模な仮想通貨取引所として知られるcoinbaseの利用者数は2000万人にのぼるとのこと。

出資者の中にはニューヨーク証券取引所を傘下に持つ

インターコンチネンタル取引所(ICE)なども含まれており、

日本法人の社長には資産運用サービスを提供している『お金のデザイン』で

最高執行責任者(COO)を務めた経歴を持つ北沢直氏が就任すると報じられています。

 

スポンサーリンク

coinbase(コインベース)のセキュリティ

コインチェックの流出問題で日本もセキュリティには敏感になっています。

今回報道されたコインベースは非常に高いセキュリティを持っており、

全社員の5%以上がセキュリティー専門のエンジニア

セキュリティに関する体制もしっかりと取られています。

万が一ホットウォレットで顧客資産がハッキングされた場合などでも、

全額補償を受けるための保険なども提供しています。

 

日本で予定されているサービスでも

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの

主要通貨の取り扱いが予定されています。

「販売所」と「取引所」の2種類のサービスが提供される予定となっています。

数多くの取扱銘柄はありませんが、逆にそれが慎重な日本での登録へ向けた

条件には良いと思います。

有名取引所のバイナンスも銘柄の多さで登録が進まず上陸を一時

諦めているようです。

分散型取引所も

コインベースは、分散型取引所Paradex(パラデックス)を買収し、

自社で運営する取引プラットフォームであるGDAX(ジーダックス)と

統合したことも発表しています。

新しくリニューアルされた取引プラットフォームである

Coinbase Pro(コインベースプロ)も発表しています。

分散型取引所はセキュリティの面で注目されており、

バイナンスも独自の分散型取引所を発表し、独自通貨の

BNBが急騰したこともあります。

独自通貨を出してくる可能性もあるのでこちらにも注目していきたいですね!

 

日本での取引所開設

勢いを増している実績のある海外大手の参入によって、

セキュリティーの強化や手数料の低下が進むことが期待できます。

それによって日本の仮想通貨市場への好影響も期待できます。

仮想通貨市場でも重要な日本が活性化すれば、仮想通貨市場全体も

活性化してくると思います。

SBIが取引所開設でかなり期待されていましたが、取り扱うのはリップルだけ?のようで

期待されていたのにただのリップル販売所を作っただけと批判されています笑

ほかのヤフーやLINEなども仮想通貨交換事業へ向けて動き出しているようなので、

日本で取引所が多くなればサービス競争が生まれてくると思います。

これからが楽しみです!

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク