イーサリアムがまたハードフォーク?今後どうなる!?

イーサリアムがまたハードフォーク?今後どうなる!?

前回の記事でおすすめしたイーサリアムですが、

今日、イーサリアム関連で問題が発覚しました。

すでにハードフォークにより、イーサリアムクラシックと分裂している

イーサリアムですが再度ハードフォーク(分裂)を迫られています。

316億円分のETHが凍結されてしまったのです!

 

イーサリアムが316億円が凍結

イーサリアムクライアントの一つであるParityは2017年7月20日自身の提供するマルチシグウォレットのバグにより、約34億円のETHをハッカーに盗まれました。11月7日には更にこのバグ以降にデプロイされたマルチシグウォレットに更に致命的な脆弱性があったことが発覚。これにより約93万ETH約316億円の資金が凍結することになりました。

イーサリアムクライアントとは

イーサリアムのシステムに参加するためのソフトウェアで、

パソコンに入れて使用します。

ウォレット機能(財布機能)もあるのでイーサを保管しておくこともできます。

そのイーサリアムクライアンとの一つである、「Parity」のウォレットのバグ(欠陥)により

約34億円のETHがハッカーにより盗まれたのです。

11月7日にこのバグ以降に展開されてウォレットに更に致命的な欠陥があったことが発覚し、

約316億円分の約93万ETHが凍結することになってしまいました。

まだこのバグ(欠陥)でハッキング被害はないので、売りは殺到していないので

それほどイーサ(ETH)の価格は暴落していませんが、大きな問題になっています。

イーサリアムクライアント「Parity」の公式発表

1.重大度 : 致命的

2.対象のプロダクト : Parity Wallet(マルチシグウォレット)

3.サマリー:スタンダードマルチシグウォレットコントラクトのParityウォレットライブラリーコントラクトに脆弱性が発見

4.対象のユーザー:7月20日以降にデプロイされたParity の

         マルチシグウォレットに資産を保有しているユーザー

「Parity」はこのように発表しています。

凍結されたものは、「Parity」がまた元に戻せばいいのではと思いますが、

凍結は一度すると基本的には永遠に凍結されたままになってしまうのです。

スポンサーリンク

凍結されたETHを救う方法

凍結は基本的に永遠に凍結されてしまうと言いましたが、

イーサリアムネットワーク自体の機能を変えてしまえば、

救出することは出来るようです。

その改善案が、EIP-156というものです。

EIP-156とは

2016年10月14日にイーサリアムの開発者であるVitalik Butrein氏によって考案されたものです。

この改善案EIP-156が実装されれば凍結されたイーサリアムを

動かすことが出来るようになるのです。

2017年6月にカナダの取引所が起こした資金の移動ミスにより、

1.5億円分のイーサが、今回の事件のように、

大規模に凍結され宙に浮いてしまっている状態です。

そのイーサも凍結から解決されることになります。

EIP-156実装には意見が別れている

EIP-156すれば凍結しているイーサが復活するので速くハードフォークして実装すればよい!

と思うかもしれませんが、実装することに対し賛否両論あるために今だ実装されていません。

この反対意見にはイーサリアムの歴史が関係しています。

非中央集権の投資ファンドを目指した「The DAOプロジェクト」というものがありました。

そのプロジェクトはイーサリアムの脆弱を狙ったハッキングで大失敗に終わりました。

そのハッカーに盗まれたイーサが大量に売られ、イーサの価格が大暴落するのを防ぐために、

ハッカーが持っているイーサのチェーン(後のイーサリアムクラシック)を破棄し、

緊急救済措置として新たにチェーンをつくるハードフォーク(分裂)が行われました。

※ブロックチェーンの概要がわからない方は別記事をお読みください。

 

このような強引な緊急救済措置としてのハードフォークなどもあり、

今回のEIP-156実装も緊急救済措置のためのハードフォークとなってしまうため

反対もされているのです。

しかし、今回は盗まれているわけではなく所有権は離れていないため

EIP-156実装により送金が可能となり被害ユーザーは

凍結した資金を取り戻すことが可能になるのも事実なのです。

まとめ

次の予定通りのハードフォークはコンスタンティノープルという

メトロポリスのための第2段階目のハードフォークです。

その時に、EIP-156実装がされるとすると、半年間ぐらい316億円の

資金が凍結されてしまう可能性があるのです。

今回大事なのはイーサ(ETH)は盗まれていないということです。

価格にもあまり影響していません。

これからのイーサリアムの動向にもしっかりと注目していきましょう。

イーサリアムからの発表です。

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。