9つのビットコインETF拒否が再審査!これは期待か!?

9つのビットコインETF拒否が再審査!これは期待か!?

スポンサーリンク


 

9つのビットコインETF拒否が一斉に拒否されたと報道され

話題になりましたが、ここで急転が待っていました!

再審査があるようで、仮想通貨業界が騒がしくなっています。

なぜETF再審になったの?

アメリカ証券取引委員会SECが22日に、

Proshare(プロシェアーズ)

Direxion(ディレクシオン)、

Granite Scheer’s(グラナイトシェアーズ)のETFを否決しました。

理由は”Proshare(プロシェアーズ)とDirexion(ディレクシオン)が

上場申請先として選んでいるNYSEアーカ取引所と

グラナイトシェアーズのCboe BZX取引所に不備があるという内容でした。

内容が、取引所に不備があるという内容であったことが

再審に繋がりました!ビットコイン、仮想通貨自体には文句をつけていない

ということなんでしょう。

 


SECのへスター・ピアース委員が、

「このままイノベーションを拒否すれば、ETFは新しいものを

歓迎しないってことになる」

イノベーションとはビットコインのことであり、SECの中でもビットコインETFに

肯定的な人もいるようです!

 

再審で承認されるのか?

またの再審でもまだまだETFが承認されることはまだ先になるかと思います。

再審が行われるのはかなりよくあることのようで、

ETFの審査をする人の中で一人でも再審を考えるひとがいれば

再審とったことになるようです。

まだまだ承認派がすくないため、期待されていますがまだまだ時間はかかると思います。

承認されればビットコインの価格は大きく上がると思われますし、

否認されると大きな下げがくる可能性が高いです!

 

今後も注目しましょう!

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク