Zaifがハッキング被害!67億円流出!相場への影響は?

Zaifがハッキング被害!67億円流出!相場への影響は?

スポンサーリンク


国内の人気仮想通貨取引所のZaifがハッキング被害にあったことを

公式ページで報告しました。

現状のまとめとして

・平成30年9月14日17時頃から19時頃にハッキング

・取られたのはホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)

・侵入経路は現状不明

・現在わかっているだけで日本円で67億円相当になると思われる

・財務局にはすでに報告済

・セキュリティ向上の為、株式会社カイカと契約、技術向上を図る

・お客様へは同額の仮想通貨を補填する予定

・補填するための資金は株式会社フィスコデジタルアセットグループから提供される予定

・入出金の再開日時は未定だが安全が確認されない限りは再開しない

入出金の停止からメンテナンスなのかと不穏な空気でしたが

結局のところハッキング被害だったということです。

 


今回のZaifの対応にかなりお怒りの人も多いようで、

このハッキング被害にあったという発表があったのも深夜の2時頃。

こんな大事な発表をその時間に発表とはなかなかのものですね…

市場の混乱を避けたのだとは思いますが…

さらに、公式Twitterで、「お客様の資産の安全が確認されました。」とも

明言しているため、対応の真実性が問われます。

金融庁も、業務改善命令などと動いていたなかだったので

さらに厳しくなっていくと考えられます。

相場への影響は?

発表されてから、BTCの価格は下がっていきそれをショート焼きのため?の

高騰がありました。

coincheckの流出事件からしても金額的にもなれてしまっているのか、

市場には大きく影響はしていないようです。

私達が海外の取引所でハッキングがあったと聞いてそうなんだ。

ぐらいに終わっている状態がいまの海外の様子だそうです。

海外からしてもそんなに問題視していないようすで、ここから大きくこの事件が

原因となる大きな下落はこないのではと思っています。

 

セキュリティ対策を改めてしっかり確認しておきましょう!

ビットフライヤーは問題ないという公式発表がありました。

 

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク