12月注目の通貨!ビットコインキャッシュがハードフォーク予定を発表!

12月注目の通貨!ビットコインキャッシュがハードフォーク予定を発表!

ビットコインキャッシュが11月30日に中期的なロードマップ(今後の予定)を

発表しました。

中期的な計画の発表

ビットコインなど仮想通貨は「ノード」といわれているぶっロクチェーンを保存する物が世界中に多く存在することで成り立っています。

「ノード」はソフトウェアをPCにインストールすることで起動することが出来ます。

今回はこのビットコインキャッシュのソフトウェアを開発している有力チームからの発表です。

①6ヶ月ごとにアップデートを行う

計画では6ヶ月ごとにアップデートを今後行っていく予定です。

2018年では、5月15日、11月15日を目標にアップデート(ハードフォーク)を行う予定です。

日付はあくまでもブロック数で決まるため、

ブロックの生成スピードによっては早くなることも遅くなることもあります。

目安としてしておきましょう。

②ブロックに関してアップデート

今回の発表で一番注目しているものです。

ブロック作成時間を10分平均目標から短縮する計画です。

取引処理能力も向上しユーザーがつかいやすくなります。

ソフトウェアは上限32MBのブロックまで対応する準備が出来ているそうです。

③送受信アドレス形式の変更

送受信するために必要なアドレスの形式が、

ビットコインとビットコインキャッシュが現在同様のために、

どちらか異なっているアドレスに送金してしまう問題が起きています。

それらを解決するために、独自のアドレスを生成するようにするとのこと。

スポンサーリンク

④ブロックの生成時間を調整

ブロックの生成時間が調整されます。

この調整により、ブロック生成の時間のばらつきが抑えられることにより、

2重の送金問題なども解決されより質のよいブロックチェーンが

出来上がっていくとこになります。

ユーザーも送金が安定することになります。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後

注目すべき発表を簡単にまとめました。

これらの発表はあくまで予定であり、実際に実行できるかは確実ではありません。

しかし、しっかりと計画され、これからも開発がしっかりと行われていくことは、

仮想通貨でもっとも重要なことです。

もちろん価格にも大きく影響していきます。

まだまだビットコインキャッシュは誕生して3ヶ月ぐらいですが、

詐欺とも言われていましたが現在は大きく価格をのばし、時期ビットコインなのでは!?

という話もでてくるぐらいに急成長しています。

まだまだ伸びしろがあり、大いに期待できる通貨の一つだと思っています。

このようなハードフォーク(アップデート)が今後しっかりと

実行されていくのかは注目して見ていく必要があります。

今後の予測

この2日ほどでビットコインが急落し、

アルトコインも下落していますので、

今後の上昇にむけてはよい仕込み時だとは思います。

今回のビットコインキャッシュは15万を切っているので拾っていってよと思います。

全額ドカンと買い込むのではなく、

下がったら買い、下がったら買いを繰り返していくことが大切です。

ちなみに12月の注目は、

アップデートを控えているリスク(LISK)

この前発表されたところなので期待しています。

Bitstampに上場予定のビットコインキャッシュ(BCH)

ロックアップ予定のリップル(XRP)

マイニング報酬減とハードフォーク予定の

イーサクラシック(ETC)

ビットコインは先物上場などもありますので、

現在は下落していますが、徐々に年末にむけて上がっていくのではと

予想しています。

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。