仮想通貨ADA(エイダ)コイン!特徴・将来性・取引所について

仮想通貨ADA(エイダ)コイン!特徴・将来性・取引所について

ICOのころから詐欺だ詐欺だ言われていた、

仮想通貨ADA(エイダ)コインがこの数日高騰しています。

ADA(エイダ)コインとは

ADA(エイダ)コインは、Cardano(カルダノ)という

オープンソースの分散型プラットフォームです。

※オープンソースとはプログラムが配布され誰でも開発に

携われるということ

そこで使われる通貨の単位、略号がADAです、

20171月にプレセールが終了し、

予定より少しおくれて、10月2日に海外取引所のBittrexに上場しました。

 

日本でもプレセールが行われいて、発売当時は約0.3円ぐらいの価格で

販売されていました。

発行量も450億ADAとかなり多いのですが、

好調な売れ行きだったようです。

プレセールが人気だった一つの特徴として、

チャールズ・ホスキンソンが開発に携わった

ということが注目されました。

この人物はFinTech業界革命を起こす

と注目されている天才数学者です。

イーサリアムや、BitShares(ビットシェアーズ)といった有名コインの開発にも

携わっている人物です。暗号通貨の第一人者です。

著名人がプレゼンをおこなう有名な番組TEDでも

プレゼンを行ったこともあります。

日本で行われていたプレセール時の販売や、宣伝のせいなのか、

詐欺だ詐欺だとかなり騒がれていました。

しかし、Bittrexに上場してからはその声もかなり薄れてきました。

 

ADAコインの運営・管理は、

Cardano Fundation(カルダノ財団)」によって行われています。

カルダノはADAのHPによるとこのような特徴を持たせていくそうです。

・台帳システムと計算処理を別々の階層に分離する

・コアとなるコンポーネントをモジュール性の高い関数によって実装する

・査読が行われる研究と競合する学者や開発小規模グループを作る

・InfoSecの専門家を早期に採用するなど学際的なチームを多用する

・ホワイトペーパー、実装、そしてレビュー中に発見された問題を修正するための研究を迅速に行う

・ネットワークを破壊することなく、導入後のシステムをアップグレードする機能を構築する

・今後の研究となる分散型資金調達の仕組みを開発する

・モバイルデバイス上で安全に動作するための長期的な仮想通貨の設計の改善を行う

・仮想通貨を運用および維持するために、ステークホルダー同士の関係を密接にする

・同じ台帳システムで複数の資産を運用する必要性を認識する

・従来のシステムのニーズに応えるために、

 オプションとしてメタデータを含むことができるようにトランザクションの抽象化を行う

・約 1,000 のアルトコイン から理にかなっている機能を学習し、採用する

・最終的なプロトコル設計を決定するためにインターネット技術タスクフォース(IETF)に

 触発された規格駆動のプロセスを採用する

・商業の社会的側面を探求する

・ビットコインから継承した基本原則を損なうことなく、

 規制機関が商取引と対話するための健全な妥協点を見つける

 

ADA(エイダ)コインの特徴

いろいろな特徴がありますが、注目する特徴を説明します。

・日本のATMでADAを引き出せる

ADAコインは通常、取引所で売買されていますが、

今後の予定として、日本のATMでも引き出せるようになるようです。

まず5ヶ所のATMから開始されて、

ADA 公開後1年以内に25か所のATM での取り扱いを目指しているとのことです。

現実的に実行されていくかわかりませんが、実現すればかなりの需要を

生み出すことになると思います。

スポンサーリンク

・Cardanoは独自のブロックエクスプローラーを持つ

Cardanoは独自のBlock Explorer(ブロックエクスプローラー)を持っています。

Cardanoブロックチェーン上のトランザクション履歴を確認することが出来る

便利なツールです。

ADAコインの全てのトランザクションはブロックチェーン上に公開されており、

これによって誰でも特定のトランザクションに関する情報を検索し、

閲覧することが可能です。

送金者の公開アドレス、トランザクションが行われた日時、

送金したADAコインの金額などが閲覧可能です。

 

・Cardanoデビットカードで支払いが可能になる

Cardanoデビットカードを発行し、

クレジットカードを店舗などで使う感覚で、

ADAコインで支払いが出来るようになるそうです。

Cardanoデビットカードをアプリと連携させることで、

ADA の残額や取引履歴を確認、管理することができます。

Cardanoデビットカードはまだ発行されておらず

今後の発表に期待です。

 

ADAコインの今後

プレセールにおいて0.3円だったものが、

今日の価格で、約23円まで高騰しています。

しかし、まだまだ発表されているもので実現していない

デビットカードなどもあるのでのびしろはあると思います。

現在8位なので上にもっとくいこんでくる可能性は

大いにあると思います。

ADAコインの購入

ADAはまだ日本の取引所で購入することはできません。

海外取引所のBittrex(ビットレックス)やBinace(バイナンス)で

多く取引されています。

私は、Binance(バイナンス)で購入しています。

日本語対応でかなり使いやすい印象です!

記事にもしているので是非御覧ください。

一年でどんだけ仮想通貨が上昇したのかがわかるツイートご紹介しておきます。


原資稼ぎならココがおすすめです!

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。