SBIが仮想通貨決済に本腰!Wirex(ワイレックス)との合弁会社設立!

SBIが仮想通貨決済に本腰!Wirex(ワイレックス)との合弁会社設立!

SBIとwirex(ワイレックス)の合弁会社設立

10月20日、仮想通貨決済サービスを提供する、イギリスのWirex Limited(Wirex)

SBIホールディングスは、共同で合弁会社「SBI Wirex Asia株式会社」を設立すると

発表しました。

合弁会社の概要(予定)

商号 SBI Wirex Asia株式会社

本社 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階

役員 取締役会長:北尾 吉孝、代表取締役社長 : 小島 和

設立 2017年10月末

出資比率 SBIグループ60% 、Wirex社 40%

 

アジア地域を事業対象とした会社です。

SBIは今年3月に、wirex(ワイレックス)への本格的な投資を発表していました。

この設立発表により、SBIが仮想通貨で決済サービスを展開していくために

本腰をいれたことがうかがえます!!

Wirex(ワイレックス)とは

Wirexは世界中のVISAネットワークを利用し、ビットコインをはじめ、

仮想通貨での決済サービスを提供しています。

仮想通貨を米ドル、ユーロ、ポンドへ瞬間的に交換することが、アプリ上で可能になっています。

その法定通貨を、[Wirexカード]で世界で利用されているVISAのATMや

加盟店などのネットワークを利用することが可能です。

お店でクレッジトカードを使う感覚で仮想通貨を決済に使用することが出来ます。

 

SBI×Wirex(ワイレックス)でどうなるのか?

株式会社Wirex JapanのCEO、アジア地域の責任者に小島和氏が就任しています。

日本だけでなく、アジアマーケットを中心に事業を発展させていくと発表しています。

上記にも説明した通り、USドルやユーロ、ポンドには仮想通貨をアプリ上で交換することが出来ましたが、

日本円への対応も準備しているみたいです。

日本における使用環境もしっかりと整っていくと予想されます。

SBIグループの仮想通貨への取り組み

SBIグループによる、取引所の設立も大きな話題になっており、

今後の発表もさらに期待できるものになっています。

・決済分野 (SBI Wirex Asia)

・取引所(SBIバーチャルカレンシーズ、SBI MAX)

・マイニング(SBI Crypto)

・送金(SBI Ripple Asia)

・ヘッジファンド(CoVenture Holding Company)

・デリバティブ(BCause)

・ICO格付け(モーニングスター)

仮想通貨決済の普及への期待

仮想通貨を法定通貨に交換するようなサービスは同様なものがいくつかありますが、

SBIグループの参入により、一層普及が加速していくと思います。

しかし、税金問題があります。価格が常に変動している仮想通貨を法定通貨に交換した際に発生する利益を

どう課税していくかなど課題もあります。

問題もありますが、どこでも仮想通貨がどのお店でも気軽に決済出来るようになるのも

遠い未来の話ではないかもしれません。

とりあえず覚えておくこと

日本の巨大企業がイギリスの仮想通貨決済サービスと

協力することになった!!

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。