ICO案件Wowooワォー / Wobitとは?特徴と将来性

ICO案件Wowooワォー / Wobitとは?特徴と将来性

5月9日追記:今年最注目のICOのwowbitが15日にBit-zに上場することが公式より

正式にアナウンスされました。

期待されていたので上場決定はビッグニュースです!

上場先の取引所はコチラです↓

取引所Bit-Z

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

相場全体が中国の様々な規制などの話による急落している中

ある日本の企業が関わっている仮想通貨ICOが

人気で即完売となっているそうです。

プロジェクト名はWowoo(ウォー)でそのプラットフォームで

使用されるのが仮想通貨のWobitといいます。

Wowoo公式サイト

Wowoo(ワォー)とは

Wowoo(ワォー)のプロジェクトは、

「感動の可視化」を仮想通貨のブロックチェーンを利用して

実現しようとしています。

「感動の可視化」というのは、

プロジェクトWowoo(ワォー)が発行する

トークンには投票機能がついています。

感動的なものを提供した人に対し、このトークンの投票機能を

使い感謝の気持ちを表現することが出来るのです。

「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。

だから、私たちは感動を価値化します」という理念で動いているようです。

 

日本にはすでに仮想通貨モナコインが盛んになっています。

わずかなコストで投げ銭を行うことができ、

芸術や作品など価値をつけにくいものに対して、

感謝として渡す文化が存在します。

 

この文化により、芸術家などは寄付にたよることなく、

作品を作ることで感謝されながらしっかりと報酬を得ることが出来る

モデルケースが生まれるのでは?と期待されています。

芸術だけでなく、ボランティア・慈善事業といった分野でも

感謝の報酬を得ることができるようになるのです。

 

Wowoo(ワォー)はこうした文化を、しっかりとしたプラットフォームを

形成することにより人々の善意・芸術的価値・感動に対して、

報酬をちゃんと受け取ることができるようになる

というのが目標なのです。

 

Wowoo(ワォー)の特徴

準備金制度

準備金制度における準備率(CR)は20%で、

新規にWobitのトークンが発行される際には、

ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整されます。

少しむずかしいですが、

Wobitトークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、

大きな安定性を生み出すことにつながります。

 

特別決議機能

ルールなどの重要な変更において、トークン保持者による投票により

意思決定されます。投票率が3分の2以上で採択されるシステムになっていて、

非中央集権ではなく、

自立した運営を実現できるという機能です。

 

スポンサーリンク

Wowoo(ワォー)はなぜ注目されているのか

大きく3つの理由があります。

  1. ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  2. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

ロジャー・バー氏が絶賛

仮想通貨界でビットコイン長者であるロジャー・バー氏が

このプロジェクトを絶賛しているのです。

「私は、Wowooの提供するサービスにとても感激しています。なぜなら、「OKWAVE」がQ&Aによる助け合いで人々をつなげてきたように、これからは、仮想通貨(クリプトカレンシー)やICO(イニシャルコインオファー)が、かつてない方法で人々を一つにつなげ、世界をより良いものにしていくと信じているからです。Wowooが目指す、「感動の価値化」のICOソリューション、これは世界にとって素晴らしいものになるでしょう。ありがとうございます。」

「OKWAVE公式サイト」から引用

ロジャー氏はアドバイザーとして今後

このプロジェクトに参加していくそうです。

 

「OKWAVE」が出資

「OKWAVE」とは、日本最大級のQ&Aサイトです。

株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、

このプロジェクトに出資をしています。

 

日本の大手企業が出資していることもあり、透明性と

信頼性を確保されていると思います。

 

NEOの創業者がアドバイザー

中国版イーサリアムと言われており、時価総額ランキングでも上位に

位置しているNEOの創業者がWowoo(ワォー)プロジェクトの

アドバイザーとして参加しているのです。

これは、中国進出やアジア進出においてかなりの好材料となると思います。

WowooのICOは?Wobitの参加

トークン名称:Wowbit

トークン略称:WWB

払込方法:ETH

総発行数:1,111,111,111 WBB

WBB単価:0.0011 ETH

最低購入単位:200WBB

最大購入単位:10,000,000 WBB

受け渡し:トークンセール終了後

2018年1月17日の13時からの販売は即完売だったそうです。

Wowbitの購入方法は、

事前にホームページでWEB登録と

身元確認をした人だけ購入可能です。

しかし、日本、中国、アメリカ在住の方は基本的には購入出来ないようです。

※運営などのつながりなどで購入されている方はいるみたいです…

購入した人から買うなどというやり方もあるみたいです。

 

一応、第2セールは2018年2月22日13時から始まりますが、

基本的には上場後に購入可能にないります。

上場後30倍を目指しているらしく、ICOでは参加出来ませんが、

今後の動きに注目するべきプロジェクトではないかなと

思います!

 

 

追記*2月16日

wowbitはNEOベースに変更された模様です!

NEOは中国版イーサリアムとしてかなり期待されています!

国内取引所も開設されていない方は コチラを御覧ください↓
仮想通貨取引所ランキング

オススメの記事


【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!

注目の取引所独自トークンICO!日本人アドバイザーも参加!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク