【仮想通貨】XCP/CounterPartyの特徴と将来性

【仮想通貨】XCP/CounterPartyの特徴と将来性

最近高騰していたXCPが気になったので

特徴、将来性などについて

ご紹介していきます。


他の暗号通貨・仮想通貨とはまた違った特徴をもっていて、

将来性もおおいにある仮想通貨の一つだとおもいます!

仮想通貨XCP/CounterParty(カウンターパーティー)

 

記事投稿時

 

現在

仮想通貨XCP/CounterPartyの特徴

XCP/CounterPartyは意外に古く、2014年2月に発行されています。

発行量は260万枚となっています。

仮想通貨XCP/CounterPartyの最大の特徴は、

トークンを簡単に発行出来るという特徴です。

トークンとは、現実の世界でいえば株式のようなもので、

仮想の株式とも言われています。株券のようなものですね。

仮想通貨XCP/CounterPartyを利用すれば、個人でも簡単に、

トークンを発行することが可能になります。

誰でも簡単にトークンを発行出来るようになれば、

今まで価値が可視化されていなかったものなどの

価値が明確化されることが予想されます。

なにかプロジェクトをする時に資金調達は、

銀行からの融資か証券市場に上場するしかありません。

しかし、このトークンが簡単に発行できることで、

ネット上でこのトークンを使うことで資金調達を個人間で行うことが

出来るようになるのです!

 

スポンサーリンク


主な特徴です。

・ビットコインのブロックチェーンを使用

・XCPを用いると簡単にトークンを発行できる

・PoB(プルーフオブバーン)の仕組みを採用している

・Zaifトークン、他企業もXCPを利用している

ビットコインのブロックチェーンを使用

仮想通貨XCP/CounterPartyは、ビットコインのブロックチェーンを

使用しています。なので、ビットコインが詰まりを起こしてしまうと

XCPにも影響してきます。

PoB(プルーフオブバーン)の仕組みを採用

仮想通貨XCP/CounterPartyはPoB(プルーフ・オブ・バーン)という

仕組みを採用しています。

PoBとは、

誰も秘密鍵を知らないウォレットにコインを送金し

実質的に使え無くしその代わりに仮想通貨(トークン)を分配する承認方法

のことです。

XCPをでトークンを発行した場合、使用したXCPを焼却(バーン)する必要があります。

焼却されたXCPは存在しなくなります。それにより、流通量がすくなくなり

相対的に価格の上昇につながります!

zaifトークンや企業も仮想通貨XCPを利用

仮想通貨XCPで発行されたトークンは存在するのか?

実は国内取引所で多くの人が利用しているZaifで扱っている

ZaifトークンもこのXCPによって発行されたものです!

他にも、ぺぺキャッシュ、ビットコインクリスタルなどがあります。

Zaifでは、仮想通貨XCPを利用して作られたトークンがまだあり

FISCOトークン、CAICAトークンなどがあります。

個人だけでなく、企業もトークン発行に利用しているのです!

 

仮想通貨XCP/CounterPartyの将来性

これからも、トークン発行のブームはさらに過熱していくと

予想されます。そうなれば、簡単にトークンを発行できる

仮想通貨XCP/CounterPartyは多くの人が利用すると思います。

先程も書きましたが使用したXCPは市場からなくなっていきます。

そうなれば相対的に価格は上昇していきます!

かなり安心材料の一つですが、

金融庁のホワイトリストに載っているのです!

ホワイトリストに入っていれば規制の対象になりません。

ホワイトリストに入っているため、ビットフライヤーへの

上場も噂されています!

2月28日には、

ハードウォーク、エアードロップが予定されているそうです。

仮想通貨XCP/CounterParty、今後もかなり期待できます!!

 

仕込んでおきたい方は、国内有名取引所の

Zaifをおすすめします!

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。