仮想通貨Phore/PHRの特徴と今後の将来性

仮想通貨Phore/PHRの特徴と今後の将来性

時価総額が低いために大きな額を投資できない仮想通貨は俗に草コインと呼ばれています。

その分、草コインは何十倍、何百倍にも化ける可能性を秘めています。

Twitterで聞いたことがなかった銘柄が目にとまった

草コインを調べてみました。

仮想通貨Phore/PHRです。

なかなか将来性がある特徴をもっていて、

草コインならではのワンチャンを期待できる銘柄だと思いました。

草コインは、ハイリスク・ハイリターンなので

自己判断の判断材料として御覧ください。

仮想通貨Phore/PHRの

特徴、将来性、取引所などについてご紹介します。

投稿時

ランクはかなり下ですね。まさに草コインです!

現在

 

 

仮想通貨Phore/PHRの特徴

仮想通貨Phore(フォア)とは、

匿名で小規模なクラウドファンディングを行うための

プラットフォーム(基盤)を提供するプロジェクトです。

簡単にいえば、

小規模で構築する匿名版イーサリアムとった感じです。

匿名性

プラットフォームで使用されるのが、単位がPHRです。

クラウドファンディングとは、企業があるプロジェクトを行う時に、

不特定多数の人から資金をあつめることができる資金調達方法の一つです。

仮想通貨Phore(フォア)はこのクラウドファンディングを匿名で

行うことができるというのが最大の特徴です。

投資をするとき、だれでも資産の移動や購入履歴などを見られてしまうと

投資する側もためらってしまうこともあるかもしれません。

そのような時に匿名性の特徴が役に立ち、

クラウドファンディングの成功にもつながりやすくなります。

Posの採用

PoSとは「Proof of stake(プルーフ・オブ・ステーク)」の略称です。

ブロックチェーン技術において重要な役割を果たす”マイニング技術”の一つなのです。

ビットコインは”PoW”を採用しており、不正や改ざんをチェックすることで

報酬が発生する仕組みですが、莫大な電気量と機材が必要になります。

しかし、「Proof of stake(プルーフ・オブ・ステーク)」は、

仮想通貨の保有量が多い人が報酬をもらえる仕組みです。

仮想通貨Phore/PHRでは”PoS”を採用しているので、

「PHR」をウォレットに保持しておくだけで報酬がもらえるのです!

イーサリアムもPOSに移行するとう話なので、

規模を限定すれば「イーサリアムより先を行っている通貨」と言えるかもしれません。

マスターノードを建てられる

マスターノードとは、取引の承認をする場所のことです。

ある程度(大量)の仮想通貨Phore/PHRを所有していれば、

マスターノードを建てることができます。

その建てた場所で、他の人たちがその場所を使い、

その手数料がすべて自分の手元に入ってくるのです。

※マスターノードを建てる場合は、

大量のコイン保有数も必要ですが、大勢の取引を承認するサーバー(場所)を

作るということですので、責任重大です。

しっかり理解して、行いましょう。

1万PHR必要のようで、投稿時の価格で約10万ぐらいで

マスターノードになれるようです。

 

スポンサーリンク

仮想通貨Phore/PHRの将来性と取引所

現在、仮想通貨Phore/PHRは、海外取引所の

「Cryptopia」のみで買うことができます。

開発者「Phoreの購入意欲がある人のために、私はいくつかの取引所を挙げました。」(google翻訳)

開発者「十分なbtcが調達されるとすぐに、CoinExchange.ioの上場申請が提出されます。」(google翻訳)

海外取引所のCoinExchange.ioに上場予定の模様です!

草コインとして高騰を狙うのであれば、投資してもいい仮想通貨の1つだと思います。

Phoreはdiscordと呼ばれるコミュニティがあったり、

日本語の公式ツイッターがあるなど開発なども、しっかりと行われている模様です。

Androidウォレットも現在開発中らしいです!

長期的だとはおもいますが、期待できる仮想通貨だと思います。

これからの大手取引所への上場も期待できます。

 

Twitter

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。