仮想通貨EOS/イオスが買いチャンス!特徴と将来性

仮想通貨EOS/イオスが買いチャンス!特徴と将来性

日本ではあまり有名ではありませんが、

現在取引ランキング6位に入っている仮想通貨EOS/イオスが

日本でも注目され始めています。

他の上位仮想通貨のチャートとくらべても

独自のチャートをしている仮想通貨EOS/イオス。

特徴や将来性、いま買いチャンスの理由などをご紹介します。

仮想通貨EOS/イオスとは

2017年の6月にはICOをして、18時間で16億円を集め注目を集めました。

EOSは分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する仮想通貨です。

開発者のDan Larimer(ダン ラリマー) は、

パソコンでいうOS(Operating System)のようなものだと発言しています。

分散型アプリケーションプラットフォームと聞いて

有名な仮想通貨でイーサリアムがあります。

そのイーサリアムとの違い、特徴をご説明します。

高速なトランザクション

EOSは非同期処理と平行処理によって、

1秒間で数百万のトランザクションを誇ると言います。

トランザクションの速さは「情報のやり取りの速さ」と言え、

仮想通貨においてかなり重要な部分になります。

ビットコインやイーサリアムは送金する際に

時間がかかるなどと問題になったりしていますが、

SNSのやり取りや、送金に必要とされるトランザクションは1秒間に10万です。

ビットコインよりもトランザクションを向上させたイーサリアムでさえ1秒間に30しかありません。

ほかの有名通貨よりも圧倒的な性能を持っていることになります。

手数料がかからない

仮想通貨EOS/イオスは、トランザクションに手数料がかかりません。

ブロックチェーンに大量のトランザクションを無料で処理できる仮想通貨なのです。

1日に多量の情報のやり取りをするような企業とってはかなりメリットのある

仮想通貨になります。企業間では手数料だけでもかなりの量になってしまいます。

 

EOSが最近注目されているワケ

①エアドロップ

仮想通貨EOS/イオスのエアドロップが近日おこなわれます。

ERC-20対応のウォレットに仮想通貨EOS/イオスを入れておけば

IQOSトークンが自動で付与されるようになるみたいです。

まだ詳細が不明なので、分かり次第追記します。

②アップデート

仮想通貨EOS/イオスはまだ完全体ではありません。

イーサリアムのブロックチェーンを借りて運営されていますが、

間もなく独自チェーンに移行する模様です。

EOS/イオスの独自チェーンに移行すると

処理速度が一段とアップするようです。

③EOSfinex

仮想通貨取引所のBITfinexがEOSを基軸通貨にした分散型取引所を立ち上げる模様です。

日本にもファンの多いBITfinexですが、

このようなところが分散型取引所を立ち上げれば、

利用する人も多くなると思います。

そうなれば、基軸通貨になるEOS/イオスの価格の急上昇も期待できます!

まだ具体的な日程は明らかになっていないので

期待しておきましょう!

 

スポンサーリンク

仮想通貨EOS/イオスの取引所

4/15から始まるエアドロップをもらうために

価格の上昇が予想されます。エアドロップ前は他の通貨も上昇傾向にあります。

長期的にも将来性がある通貨の一つだと思います。

仮想通貨EOS/イオスは海外取引所のBinanceで購入できます。

まだ口座を持っていない方は早めに開いておきましょう。

いつ規制などで開設できなくなってもおかしくないので

早めをおすすめします。

↓登録はこちらからどうぞ(公式サイト安全確認済み)

※偽サイトも存在しますのでご注意ください。

 

 

オススメの記事


下落相場でも儲かる!自動BTC-FXシグナルツール!日利約2%!

【大人気ICO】所持だけで毎月0.034BTCの配当!ラスト販売!



LINE@有益情報ゆる~く流します!
友だち追加
Twitterもやってます!

スポンサーリンク